1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【税制】駐在事務所から現地法人への資産譲渡について

 2014.04.10

【税制】駐在事務所から現地法人への資産譲渡について

 駐在事務所が現地法人化する場合は、所有している資産を現地法人に譲渡することになります。以下譲渡手続の流れについて説明します。

■譲渡手続の流れ

  1. 駐在事務所は譲渡資産リストを作成する。
  2. 駐在事務所が所有資産の譲渡を決定するとした譲渡決定書を作成する。
  3. 上記リストに基づき、駐在事務所と新現地法人で譲渡契約書を締結する。
  4. 駐在事務所は税務局へ納税通知依頼をし、通知に基づき納税する。
  5. 資産受渡書を作成し、資産の受け渡し時に両者が署名する。
  6. 駐在事務所は、税務局に譲渡する資産について領収書発行を依頼し、発行された領収書を新現地法人に渡す。