1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【The Daily NNA ベトナム&インドシナ版】に当社ミャンマー事業の記事が掲載されました

 2012.08.02

【The Daily NNA ベトナム&インドシナ版】に当社ミャンマー事業の記事が掲載されました

2012年8月2日付の「The Daily NNA ベトナム&インドシナ版」に当社ミャンマー事業の記事が掲載されました。

以下、記事全文~(記事PDFはこちら

The Daily NNA ベトナム&インドシナ版

日系税理士事務所、ミャンマー初進出


 日系企業の海外進出支援などを手掛けるVACサイゴン税理士事務所グループ(東京都台東区)と中根緑税理士事務所(東京都中央区)は1日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに共同出資会社を設立したと発表した。
日本の税理士事務所がミャンマーに進出するのは初めて。
 税制の煩雑さから税務トラブルを抱える日系企業が多いことから、アジアの税務に精通した税理士が的確なアドバイスを行う。 これまではミャンマーの提携会計事務所に業務を依頼してきたが、ビジネスのスピード化と日本側顧客の要望により現地法人化を決めた。
 ヤンゴン事務所は今年1月から、日本人駐在員1人を含め5人体制で始動している。資本金は10 万米ドル(約780 万円)で、VACサイゴン税理士事務所が60%、中根緑税理士事務所が40%出資する。 社長はVACサイゴン税理士事務所の迫川敏明社長が兼任する。
 初年度に当たる2012 年度は、コンサルティングサービスを中心に売上高5,000 万円を見込む。 日本側ではすでに、市場調査や会社設立などの受注を抱えているという。
 VACサイゴン税理士事務所は2004年6月設立で、資本金は1,500 万円。 東京のほかベトナム・ホーチミン市に事務所を構える。ホーチミン事務所では会計士6人を含む15 人体制で、大手から中小企業まで約150 社と取引をしている。 中根緑税理士事務所は、アジアの税務に精通している。

(8月2日付 The Daily NNA ベトナム&インドシナ版 )