1. ホーム
  2. コラム
  3. 二度目の大学生

 2018.04.14

二度目の大学生

30歳を超えたのに、私は二度目の大学生になっています。
ベトナムでは、大学を卒業して学位をとった後、夜間などに二つ目の学位を目指して、大学に行くことが多くあります。
一つ目の大学で学んだ分野と、違う分野を専攻してもいいです。
(学位を取るには、毎週4回、一日3時間ぐらいで、2年~2年半くらいかかります)

仕事を終わった後、大学へ行きますので、毎日の生活習慣も変わりました。
友達と会いたくても、PM9時以降ではないと会えなくなりました。
ホーチミン市は、特に1区は都会ですので、日本とあまり変わりません、
夜遅くても、店やレストランはまだたくさん開いています。便利です。
大学では、子供がいても頑張りたいお母さんも大勢勉強しています。
下の写真は、お母さんを学校に送迎する家族の写真です。
授業が終わると、子供とご主人が迎え来る人もいます。
ベトナム人にとって、仕事や勉強の後、ご主人に迎えに来て貰うことは一般的です。
一台のバイクで一緒に会社へ通勤すれば、ガソリン代も節約もできるし、夫婦の関係も良くなると思います。

ベトナム夜

仕事や生活がどんなに忙しくても、能力を伸ばすために、もう少し頑張りたいと思っているベトナム人は多いです。
ベトナムの大学では、仕事に直結しない科目の授業が多いです。(政治経済学、ホーチミン氏思想学、実用ベトナム語等)
学術的な科目が多かったので、以前の大学生活の時は、4~5年勉強しましたが、仕事につながるような知識はあまり学べませんでした。。


しかし、頑張りたい気持ちさえあれば、チャンスはたくさんあります。
二つ目の大学へ入る大学入試はあまり難易度が高くないので、頑張れば、入学できるチャンスはあります。


若いうちに、少しでも頑張らないと、どんどん時間は経っていきます。
仕事や勉強、家族や遊びが忙しくても、バランスを取ることが大切だと思います。
若い時間はすごく貴重だと思います。無駄に過ごさないで、頑張る気持ちが大切だと思います。